岡山県で、ふだん使いのうつわを作りつづける備前焼・鳴瀧窯narutakiのONLINESHOPです


備前焼とコーヒー、おいしさのひみつ
 


備前焼で飲むコーヒーはなぜおいしいと言われるのか?



備前焼器肌の様子

備前焼の表面はこの様に土そのもののため、凸凹しています


古くから知られている備前焼の7不思議の中のひとつに、「水がおいしくなる」というものがありますが、これは備前焼の特徴である釉薬をかけないうつわゆえ、呼吸が出来るため花瓶の花は長持ちし、お酒や水はおいしくなると言われています。また、表面の凸凹によりコーヒーのカドがとれまろやかになるとも言われています。


 

備前焼VS陶器、のみくらべてみました




備前焼と陶器で飲み比べてみました

右:陶器 左:備前焼 で本当に味が違うのかを実験してみることに


いつも、備前焼でコーヒーを当たり前の様に飲んでいるわたしたち。
おいしいと言われているけど、同じ条件で淹れたものを同時に飲み比べてみた場合、
味の違いが分かるのだろうか?
そこで、大きさもほぼ同じな2つのタンブラーで、コーヒーののみくらべをしてみる事にしました。



公平性を期すために、ドリッパーは陶器を使用します



ドリッパーは陶器を使いました


今回は、備前焼で「のむ」コーヒーのおいしさの検証のためドリッパーは陶器を使用。
抽出したコーヒーを2つのカップに入れ、同時にのみくらべてみます。


 

いざ、検証開始



2つのタンブラーで飲み比べてみましょう

同じ条件で淹れたコーヒーを、のみくらべてみましょう




ひとくち、「こんなに違うものなの?」が率直な感想



備前焼で飲むコーヒーは本当においしかった


内心、「そんなに違いが分かるものなのかなあ・・」と思いつつひと口目。

陶器 : 挽きたての豆なので、うん、普通に美味しい
備前焼 : これは・・陶器と比べると、深みがあってまろやか!

実際に、同時に2種類の器で飲む機会はそう無いため、陶器で飲むコーヒーももちろんおいしい。
だけれども、備前焼と飲み比べてみるとより、深みが出るのがすぐに分かりました。
ただ、これはあくまで「主観」なので、より具体的に数値を交えたデータをとってみたいなとも思うのですが。
この、データ検証はいつかやりたいですね。


 

のみくらべてみての感想・まとめ



 

備前焼で飲むコーヒーは、やはりおいしかった


上記にも書いたように、備前焼の独特な土肌がコーヒーにまろやかさを与えているのは明らかだと実感しました。
それに加え、口につけた際の口当たりが備前焼は少しざらっとしているので、飲んだ感覚としてより「深み」を感じるのかなといった印象を受けました。(陶器はなめらかな口当たりなので、備前焼とくらべるとさらっとした印象)
コーヒーが好きな方で、まだ備前焼で飲んだ事がない!という方にはぜひともおすすめしたいと思います。
もちろん鳴瀧窯に来て頂ければ喜んでお淹れします!



備前焼ドリッパー awa glass

narutakiオリジナル 備前焼ドリッパー hour glass(ネル付) ¥10.000+税 
 


narutakiのコーヒーカップラインナップはこちらから



鳴瀧窯では、現在3種類のコーヒーカップを展開しています。加えて、備前焼で「淹れる」おいしさも!ということで、備前焼のドリッパー(上写真)も制作しています。こちらはおくりものなどにも大人気です、ぜひぜひご覧になって下さいね。


コーヒーカップ

コーヒーカップ【単品】 シンプルで軽いつくりです。¥2500+税


その他のラインナップはこちらからご覧下さい。
備前焼でほっとするコーヒー時間、たのしんでくださいね。





 

Top